他社借入何件までOKか?おまとめローン可能のキャッシングの融資

おまとめローン可能のキャッシングは他社借入何件までOKか?

おまとめローン可能のキャッシングは他社借入何件までOKか?

おまとめローン可能のキャッシングで一番気になるのは、一体他社借入が何件まで借りれるのか?

 

その点を知りたいですよね?

 

 

 

これは各おまとめキャッシング会社によって融資基準が異なり一概に言えません。

 

おまとめキャッシングでも審査基準が甘いところもあるし、審査基準が厳しいところもあります。

 

 

 

また大手、中堅、街金系など規模の違いによって借りれる金額や件数も違います。

 

また銀行系、信販系、消費者金融系、街金系などによっても借りれる金額や件数が違ってきます。

 

 

 

あるおまとめキャッシングでは他社借入が4件位までしか借りれないところもあります。

 

また一方では他社借入が5件、6件、7件など件数が多くても借りれるところもあります。

 

 

 

あと、不動産担保ローンでおまとめローンをする場合は他社借入件数がほとんど関係ありません。

 

不動産の担保価値さえあれば他社借入は何件でもイケるところもあります。

 

 

 

また、おまとめローンも借り手の属性や年収によって借入限度額や借入件数が異なることはいうまでもありません。

 

 

 

年収が300万円の人よりも、年収が500万円の人の方が沢山借りれますし、、、、

 

年収500万円の人よりも、年収が700万円の人の方が更に沢山借りれます。

 

 

 

そして、、おまとめローンに限らずキャッシングでもローンでも「属性」というものは無視できません。

 

属性の高い人は当然ですが他社借入が多くても審査に通りやすいですし、属性が低い人は他社借入が多いと審査に通りにくいでしょう。

 

 

ローンの審査で重視される「属性」とは色々なカテゴリーに分類されます。

 

その各カテゴリー毎に点数化(スコアリング)して、最終的に各カテゴリーを総合した点数(スコアリング)を出して融資可能か融資不可能かを決定します。

 

 

ローンの審査で点数化される属性のカテゴリーの例は以下の通りです

 

 

1)年収

 

 

2)職業

 

 

3)勤務年数

 

 

4)居住

 

 

5)居住年数

 

 

6)家族構成

 

 

7)現在の借金の有無(住宅ローンなど)

 

 

8)年齢

 

 

 

などなど・・・・色々なカテゴリーがありますよね。

 

これらの各カテゴリーを点数化(スコアリング)して審査結果を出します。

 

 

 

例えば、職業の場合は公務員の場合は10点と言う点数が付くとしましょう(各キャッシング会社によって点数基準が違いますが)

 

一方でアルバイトの人の場合は3点という点数しか付かない・・・といった感じです。

 

 

勤続年数でも、勤続10年の人は10点だけど、勤続1年未満の人は2点しか点数が付かないと言った感じ。

 

 

以上、こんな感じで各カテゴリーの属性を点数化(スコアリング)して総合点数(総スコアリング)を合計し、審査結果を出します。

 

 

 

おまとめキャッシングでも他のローンでも総点数(総スコアリング)が高い人ほど審査に有利なのはいうまでもありません。


ホーム RSS購読 サイトマップ